釣り

絶対にほどけない!?釣り糸の仕掛けとの結び方を写真でわかりやすく教えます

釣りをするときに、絶対に必要になるのが「ラインを結ぶスキル」です。

リールから伸びたラインに仕掛けを結べなければ釣りはできませんし、最近の船釣りでは、道糸はPEラインという滅多にきれない強靭な糸で、かかった魚を引き上げるのも電動リールがやってくれるので、魚がバレる原因と言ったら「ラインの結びが甘かった」ことくらいです。そのため、ほどけないようにラインを結ぶことは、釣り人にとって最も重要な技術の一つと言えるでしょう。

今回は、私が長年使っている結び方を紹介するので、ぜひ一度やってみてください!

ほどけない釣り糸の結び方

この結び方は、釣りの指南書でも見かけるほどメジャーかつ確実な方法なので、覚えていて損はないです。

それでは早速、結び方を見ていきましょう。

※結ぶ工程をわかりやすくするために、写真では、ひもを釣り糸、大きいリングをサルカンやルアーのリングに見立てています。

①リングにラインを通す。


リングにラインを通す。

②通したラインの先端を4~5回巻きつける。

サルカンをねじってラインを巻きつけさせると楽にできます。

③ラインの先端を、リングの隣の輪にくぐらせる。

④ラインの先端を、③でくぐらせたことによってできた輪に通して引っ張る。

⑤できあがり!

最後に、ルアーなりサルカンなりを引っ張って、ラインがほどけないかを確認する。糸ヨレしているとほどけやすいので、糸ヨレしている部分を切って結び直すとよい。

【まとめ】結び方は∞大

ラインの結び方は、ここで紹介した以外にもいくつかあります。

私自身はこの結び方を愛用していますが、仕掛けの交換の際など、釣り場ではなるべく短時間で結べることが求められるため、手に馴染まなければ他の方法を試すのもよいでしょう。

とはいえこの結び方は比較的簡単かつ硬く結べるので、是非試してみてください!