釣り

ライフジャケットの種類ごとのメリット・デメリット!桜マークは必要なの?

ボートや水上バイクに乗るときに、着用が義務付けられているライフジャケット。

と言っても、その種類はさまざまで、値段もピンキリであることから、どれを買うべきか迷ってしまう方も多いと思う。

そこで、この記事では、これさえ知っておけば購入で迷わない!というポイントを紹介していく。

桜マークの種類に注意して選ぶべし!

ライフジャケットには、桜マークのついたものと、そうでないものがある。

〈桜マーク〉

桜マークとは、国土交通省の定める安全基準を満たしたライフジャケットに付与されるマークのことだ。つまり、桜マーク付きのライフジャケットであれば、ある程度の安全性が保証されていることになる。

ただし、ここで注意が必要なのは、桜マークと一口に言っても、A,D,F,Gの4種類ある点だ。ボートや水上バスなどの利用シーンに応じて、どの種類の桜マークを着用すべきか法律で定められているため、自分の用途に合わせて選ぶ必要がある。

タイプA全ての小型船舶
タイプD陸から近い水域のみを航行する旅客船・漁船以外の小型船舶
タイプF陸から近い水域のみを航行する不沈性能、緊急エンジン停止スイッチなどを有した旅客船・漁船以外の小型船舶
タイプG湾内や湖川のみを航行する不沈性能、緊急エンジン停止スイッチなどを有した旅客船・漁船以外の小型船舶

上の表は、タイプごとに国交省で定められている基準である。タイプAの安全性能が最も高く、下に行くにつれて下がっていく。

どれを買うべきか迷ったならば、どの船でも使えて、安全性の高いタイプAをオススメする。

桜マークのないライフジャケットって、実際どうなの?

市場には、桜マークのついてないライフジャケットも数多く存在している。しかも、その大半は低価格なため、購入を考えた方も多いと思う。

ここで気になるのは、その品質。安全性などは、どうなのだろうか。

結論から言うと、桜マーク付きのものと、そうでないものとで安全性に大きな差はない。

価格が安いのは品質が悪いからではなく、桜マーク付与の検査料がないためだ。よって、堤防だけでしか使わないなら、桜マークの有無は気にしなくていいと思う。

ライフジャケットの種類

ライフジャケットは、大きくわけると、非膨張型と膨張型の二種類がある。

非膨張型というのが、ライフジャケットと聞いてまず思い浮かべるだろう、ベストの形をしたタイプだ。(以下、ベスト型と呼ぶ。)

反対に膨張型とは、ジェットコースーターに乗るときに、体を固定するために上から装着する安全バーのようなものや、腰に巻きつけるタイプのものなど、非膨張型に比べると簡素な形のが多い。(以下、簡易型と呼ぶ。)

ここから先は、それぞれのライフジャケットについて詳しく解説していく!

体を守るクッションに!「ベスト型ライフジャケット」

ベスト型のライフジャケットの中でも、形と素材にいくつか種類がある。

形に関しては、ライフジャケットの前をバックルやジッパーで留めるものと、初めから前も後ろもつながっていて、Tシャツのように上から被って着るプルオーバータイプがある。

性能面では、この2種類に差はないが、しいて言うならば、バックルで留めるタイプの方が体系に応じてサイズを調節できるので、家族や友人同士でシェアするならバックルがオススメ。

素材も2種類あって、世に流通しているライフジャケットの大半を占めるナイロン製のものと、ウェットスーツと同じ素材で作られたネオプレン製のものがある。

ナイロンは軽くて安価だが、ネオプレンに比べると運動性に劣る。水上バイクに乗るときなど、動きやすさを重視するならば、少々値は張るものの、ネオプレン製を選ぶ価値はあるだろう。

体を覆う構造のベスト型は、航行中の船や水上バイクから落ちて、水面に叩きつけられたときに、体への衝撃を和らげるクッションの役目をする。

また、着水したからと言って必ず浮くとは限らない簡易型に比べて、着ているだけで水に浮くベスト型は、子供に着せるライフジャケットとしても安心だ。

運動性はピカイチ「簡易型ライフジャケット」


出典:https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/wear/life_wr/df2608/index.html>

簡易型ライフジャケットには、大きく分けて二つの形がある。

1つは、首かけ型と呼ばれる、アントニオ猪木の赤いタオルのように首にかけるタイプのライフジャケット(画像左)。もう1つは、ウェストベルト型と呼ばれる、ウェストポーチのように腰に巻きつけるタイプのライフジャケットだ(画像右)。

どちらが優れているということはないが、ライフジャケットを装着しての行動、釣りや水上バイクなどをする際に邪魔にならない方を選ぶのがよいだろう。

また、簡易型ライフジャケットを水上バイクに乗るときに使うのは、法律上違反ではないが、落水した際のクッション性からしてベスト型を選ぶのが吉だ。

簡易型ライフジャケットのほとんどは、落水した際に自動で膨らむ自動膨張式だが、実は、メーカーは必ず膨らむかどうかの保証をしていない。簡易型には必ず手動で膨らます機構が備わっているため、使うときにはあらかじめ膨らまし方を知っておくといいだろう。

【まとめ】使い道に合ったライフジャケットを!

ベスト型は、落水時のクッション性や着るだけで水に浮くため、移動する船や水上バイクに乗るときや、水面まで高さのある堤防で釣りをするときに使うべきだ。また、自力で膨らませられるかが不安な子供に着せるのにも向いている。

反対に、簡易型は動きやすいことから、上に挙げたような危険な場所で使わないならこちらを選んでもいいだろう。

このように、ライフジャケットには、「形」「素材」によるメリット、デメリットがいくつかある。この記事を参考にすれば、あなたの用途に合うぴったりのライフジャケットが見つかるはずなので、目当ての品を手に入れて、ぜひとも安全にレジャーを楽しんでもらいたい。